メリーバッドエンド

食べ物の事や読んだ本についての感想を書いたりしてます。

リコリス・リコイル5話 感想・ネタバレ

こんにちは、トマトです。

今回は『リコリス・リコイル5話』の感想をあげたいと思います。

あらすじ

今回の依頼主は、身体を機械に繋がれた男・松下。自分の先が長くないことを知った松下は、故郷である日本に観光のため訪れる。その護衛を依頼された千束たちは、松下の東京観光を全力でサポート!そんななか、たきなは千束のとある事実を知り——!?

 

感想

今回の話は、体を機械に繋がれた男・松下の護衛だった。

 

松下は、機械に生かされていることがおかしいことでしょう?と聞くが千束は、胸にハートマークを出しながら丸ごと機械だと答える。

 

ええ!千束って心臓が機械だったの。

これは、千束にネックレスをくれた人に関係あるのかな。

 

千束に謎が増えていきますね。

 

そして、松下の護衛しながら東京観光をする。

 

東京観光の最中に殺し屋のサイレント・ジンが松下を襲う。

サイレント・ジンは、昔ミカと一緒に仕事をしていた過去があった。

サイレント・ジンは強く追跡していたドローンやミズキを撒く。

 

サイレント・ジンの追跡を知ったたきなは、単独でサイレント・ジンと交戦する。

ミズキはサイレント・ジンに倒される前に発信機を付けていた。

 

発信機を使ってたきなは、サイレント・ジンを追う。

しかし、サイレント・ジンは発信機を囮にしてたきなを撒く。

 

そして、サイレント・ジンは松下を襲う。たきなは、松下が射殺しようとするが、たきなが防ぐ。

 

 

たきな対サイレント・ジン。

サイレント・ジンの実力が高く、たきなは殺されかける。

そこに、千束の助けがあり、サイレント・ジンを倒す。

 

 

サイレント・ジンを殺すように迫る松下。

『君の手で殺してくれ!君はアランチルドレンのはずだ!』

『何のために命を貰ったんだ!その意味をよく考えるんだ!』

 

そう千束に迫る。

 

う~ん。アランチルドレンには使命がある。

アランチルドレンって何かしらの才能があって何かしらの使命があるってことなんですよね。

 

しかし、千束はそれを拒む。

『松下さん。私はね。人の命は奪いたくないんだ』

『私はリコリスだけど誰かを助ける仕事をしたい。これをくれた人みたいにね』

 

千束・・・。いい子だよ!

 

その言葉を聞いた松下は、

『何を言…千束』

『それではアラン機関は君を…その命を…』

 

警察が来て逃げる千束達。しかし、松下は動かない。

 

 

その後、松下の身元が分かる。

先々週に病棟から消えた薬物中毒の末期患者だった。

 

薬物中毒の末期患者にカメラとスピーカーを付けて車椅子を遠隔操作していた。

 

そして、松下の命を狙ったサイレント・ジンは、3週間前に依頼されたようだった。

 

これは、誰が何を狙っているんですかね。めちゃくちゃ気になりますよ。

ミカは、何かに気づいている感じなんですよね。

 

 

夜、リコリスを狙う黒服が現れる。

色んな組織が動いている感じですね。

 

サイレント・ジンの依頼者。

松下を遠隔操作している人物。

 

どんな結末を迎えるか楽しみです。

 

 

tako931.hatenablog.com

tako931.hatenablog.com

tako931.hatenablog.com

tako931.hatenablog.com

 

黒猫と魔女の教室14話クロス・マジック 感想・ネタバレ

こんにちは、トマトです。

今回は『黒猫と魔女の教室14話クロス・マジック』の感想をあげたいと思います。

前回の内容

 

tako931.hatenablog.com

 

内容

双頭のグリフォンに魔法が通用しなかったサソリジョウ。スピカはそんなサソリジョウに共闘を求める。

 

サソリジョウは、自身の魔法でスピカが巻き込まれるから共闘を拒もうとする。

サソリジョウは、二度と怯えられた目で見られたくなかった。

 

しかし、スピカは怖くないとサソリジョウの手を掴む。

 

スピカは気づく。双頭のグリフォンが襲ってこない事に。

サソリジョウは、スピカの植物魔法とグリフォンの電気攻撃が相性が悪いんだと推測する。

 

そして、サソリジョウは作戦を考える。

 

スピカは、囮になって双頭のグリフォンの注意を引く。その隙にサソリジョウが毒魔法を放つ。

しかし、双頭のグリフォンには効かなかった。

 

双頭のグリフォンに毒魔法が通用するが、毒の量が足りないと気が付く。

 

そこでスピカは、スピカとサソリジョウの合体魔法を提案する。

しかし、サソリジョウは拒む。何故なら、合体魔法によって毒がスピカに回るからである。

 

スピカは、大丈夫だと言う。何種類の毒魔法を使いこなせているんだと。

 

スピカの言葉によってサソリジョウは、合体魔法の覚悟を決める。

 

スピカとサソリジョウの合体魔法によって毒の華ができる。その華を双頭のグリフォンは、食べる。

 

しかし、双頭のグリフォンの致死量に達しなかった。

スピカはまだ諦めていなかった。

 

アニマによって華を増殖させる。

 

百華彼岸

 

双頭のグリフォンに毒の華が回る。

そして、双頭のグリフォンが倒れる。

 

サソリジョウは、双頭のグリフォンが倒れる事に驚く。

だが、スピカは

「言ったでしょ。絶対うまくいくって。私達結構相性いいんじゃない」

そう言いながらほほ笑む。

 

サソリジョウは、そんなスピカに微笑む。

 

 

感想

今回の話、最高でしたよ。

スピカとサソリジョウの合体魔法、えぐいですね。

 

毒の華。

二人の相性最高ですよね。

 

植物魔法と毒魔法の合体。

それが毒の華。

 

毒の華が咲いている間は、毒が回り続ける。

かなり強力ですよね。

 

しかし、双頭のグリフォンには効きませんでした。

そこで、スピカの魔法『アニマ』によって毒の華を増殖させて双頭のグリフォンを倒します。

 

ここのシーン、カラーになっていてかっこ良かったですよ。

 

そして、最後のサソリジョウに笑顔が最高でしたよ。

 

今後は、スピカに対してツンデレでいくんですよね。これは、楽しみですよ。

 

 

リコリス・リコイル4話 感想・ネタバレ

こんにちは、トマトです。

今回は『リコリス・リコイル4話』の感想をあげたいと思います。

あらすじ

DA本部での一件以降、順調なリコリコライフを送る千束とたきな。そんなある日、千束はたきなの下着が■■■■■なことに気づく……。自分のことに無頓着すぎるたきなに呆れた千束は、たきなをショッピングに連れ出すことに!

 

感想

日常回だ!

 

VRゲームで遊んでる最中にたきなのパンツを見る事になった千束。

千束がたきなのパンツがトランクスだと気づきます。

たきな、男モンのパンツを履いていた事に驚きですよ。

トランクスを履いている理由は、動きやすいから。

合理的に動くたきならしいですよね。

 

千束とたきなは、たきなのパンツを買いに街に行きました。

たきなは、何故下着を買うのか千束に尋ねます。

 

下着を買う理由は、いざという時のため・・・。

その時の千束の顔を赤くしてるのが可愛い。

ってか千束いざって時知っているんですね(笑)

 

下着を買った二人は、パンケーキを食べます。

モグモグタイムの二人が可愛いよ。

それにたきなもよく笑うようになりましたね。

そして、水族館でたきなは千束に聞きます。何故、ゴム弾を使うのか。

千束は、誰かの時間を奪うのが気分が良くない。

 

千束らしい理由ですよね。自分がしたいことをする彼女らしいですね。

 

そして、千束の過去が明らかになりましたね。

 

・千束はアラン機関から支援を受けている
・自分を支援してくれた人(フクロウの熱クラスをくれた人)を探すためにDAを離れて喫茶リコリコに移った
・その人とは会えていない
・ゴム弾は「電波塔事件」の際にミカが製作してくれた

その人に会えないんじゃないとと落ちこむ千束を励まそうとするたきな。

 

「さかな~」

 

たきな可愛い!

 

一方、リコリスはテロリストと交戦していました。

テロリストの攻撃によってリコリスは全滅しました。

 

 

う~ん。

リコリスの扱いが『とある魔術の禁書目録』の警備員みたいな立ち位置ですね。敵の強さを見せるためのかませ犬。

 

他のリコリスの活躍が見たいですね。

 

後日、千束はたきなのトランクスを捨てます。しかし、千束はトランクスに興味を持ちます。

トランクスは履き心地が良く喜ぶ千束。

 

その様子を見られて店内で冷やかされる千束。それを見て笑顔になるたきな。

 

tako931.hatenablog.com

tako931.hatenablog.com

tako931.hatenablog.com

 

リコリス・リコイル3話 感想・ネタバレ

こんにちは、トマトです。

今回は『リコリス・リコイル3話』の感想をあげたいと思います。

あらすじ

健康診断と体力測定のため、しぶしぶDA本部に行くことになった千束。それを聞きつけたたきなも、DA復帰の直談判をするためついていくことに。たきなと一緒に千束も掛け合うが、まったく聞く耳を持たない司令。さらに、元パートナーのフキは新しい相方と組んでいて……。

 

感想

たきなの成長回来たよ!

 

周りの人と関わろうとしないたきな。店の人と積極的に関わろうとしません。

しかし、今回の出来事でたきなは変わりました。

 

かつての相棒のフキをはじめとするDAに陰口を言われる。

フキの新しい新人はうざいし。

DAの復帰は断たれる。

そんなことがあって傷心するたきな。

そんなたきなを元気づける千束。

 

失うことで得られることがある。

たきなが命令無視した結果、たきなと出会えた。

それが嬉しいと笑顔で微笑む。

そして、たきなを馬鹿にしたフキ達と模擬戦に向かう。

模擬戦は、千束が圧勝していく。しかし、千束は決着を付けない。

たきなが来るのを待っていました。

一方、たきなは千束の言葉で奮起する。

そして、模擬戦に参加する。

ふきをぶん殴り、射線に千束を巻き込みフキを狙う。

千束は、当たり前のように銃弾を躱しフキに当てる。

そんなたきなを見て「やるじゃん」と笑みを浮かべる千束。

帰りの電車で千束の横に座るたきな。

そして、たきなは千束と呼ぶ。

たきなと千束の距離が一気に近づきましたね。

 

そして、千束に銃弾が当たらない理由が明らかになりましたね。

観察能力が高く銃弾を予測する事ができる。

 

あ~、納得できましたね。

1話でも遠くの飛んでいるドローンを見つけていたし。

 

それにしても今回のたきなは最高でしたね。

千束の距離が近づいて呼び捨てで呼んだり。

電車では、横に座ったり。

千束と一緒の笑顔で写真を撮ったり。

マジで最高でしたよ。

 

 

tako931.hatenablog.com

tako931.hatenablog.com

 

リコリス・リコイル2話 感想・ネタバレ

こんにちは、トマトです。

今回は『リコリス・リコイル2話』の感想をあげたいと思います。

あらすじ

トップハッカーウォールナットからリコリコに依頼が舞い込んだ!同業者のハッカーから命を狙われ、国外逃亡を手助けしてほしいという。リコリコのメンバーは力を合わせてウォールナットを逃がそうとするが、千束たちに厳つい武装集団が襲いかかり……!?

 

感想

今回も面白かったよ。

それに色んな情報が出ましたね。

 

アラン機関。

フクロウがトレードマークの組織。貧困や障害などを抱える天才を探し出して無償の支援をしている。

 

が、表向きの組織。支援の目的は何か。資金がどこから出ているのか謎が多い組織ですよ。

そして、新キャラのシンジ。

彼は、アラン機関の一員です。過去に千束と面識がある感じでしたね。

千束の過去は色々謎が深いですよね。

今回の任務は、ウオールナットの護衛。

ウオールナットはリスの着ぐるみを着たハッカー

ウオールナットの護衛中に敵に襲われる千束とたきな。

交戦中に千束とたきなは、別行動をする。

 

たきなは、護衛対象と逃げるが、敵に襲われる。

ウオールナットが持っていたキャリーバッグを盾にしながら敵を倒す。

そして、建物から出ようとしたらウオールナットが撃たれる。

ウオールナットが死んだ事でめちゃくちゃ落ち込む千束。

任務失敗かかと思ったら着ぐるみから出たのは、ミズキ。

そして、キャリーバッグから出てきたのは、クルミ

 

クルミがウオールナットの正体でした。

一度的に死んだと思わせる為にリスの着ぐるみを着せたミズキを死んだ事にしました。


いい作戦でしたね。

これでクルミもレギュラーメンバー仲間入りですね。

 

リコリスの事も明らかになりましたね。

 

・戸籍はない。

・女子高生の姿は、警戒されない姿だから。

 

確かに女子高生に警戒する人はいないですもんね。

 

戸籍がないのが今後のストーリーにどう響くのでしょうか?

 

今後が楽しみです。

 

 

リコリス・リコイル 感想・ネタバレ

こんにちは、トマトです。

今回は『リコリス・リコイル』の感想をあげたいと思います。

あらすじ

犯罪を人知れず防ぎ人々の平和の生活を守る組織DAで働いているたきなは、任務時に命令を無視して行動してしまう。その結果、DAからDAの支部である喫茶リコリコに左遷させられてしまう。

 

喫茶リコリコの店員である千束と一緒に店員としてコーヒーの提供やちょっとした頼まれ事などDAの業務から外れた様々な問題を解決していく。

 

その仕事の一環でストーカー被害で悩んでいるお姉さんの相談を受ける。お姉さんがSNSの上げた写真に銃の取引現場が映っていて、その組織に狙われていた。

 

千束とたきなは、お姉さんを守る為にパジャマパーティーをすることになる。パーティーの準備で千束とたきなは、別行動をする。

 

たきなは、お姉さんと一緒にお姉さんの部屋に向かう。たきなは、お姉さんを囮にして敵をあぶりだす。

 

敵を倒す為に暴走するたきなと止める千束。千束は、不殺で敵を殲滅する。

 

感想

Twitterで評判になっているリコリス・リコイル見てみました。

 

これめちゃくちゃ面白いですよ。

 

主人公の千束とたきなの対比が良いんですよね。

DAの任務で頭がいっぱいで表情も固いたきな。

自分がしたいことをしていく千束。

 

任務達成の為なら人殺しを厭わないたきな。

例え敵であっても不殺を貫く千束。

 

この対比が良いんですよね。たきなは、千束の出会いを通じてどう変わっていくのか楽しみですよ。

そして、千束も良いキャラクターしているんですよね。

優秀と評価されているのになぜかDAから喫茶リコリスに転属されている。

困っている人がいたら助ける。

不殺を貫く。

こんなに良いキャラクターしているんですよね。

千束が今後、どんな活躍をするのか楽しみです。

 

スパイ教室8巻 感想・ネタバレ

こんにちは、トマトです。

今回は『スパイ教室8巻』の感想をあげたいと思います。



前回の内容

 

tako931.hatenablog.com

 

あらすじ

①サラは、『白蜘蛛』を倒すことを宣言する。そして、リリィとジビアもサラと同様に『白蜘蛛』を倒す為に行動する。

②『蛇』の『白蜘蛛』と『黒蟷螂』は、小説家の家を隠れ家にしていた。二人は、クラウスを殺す為に行動をしていた。『白蜘蛛』は、モニカが最後に残した言葉『炯眼』と呼ばれる人物について考えていたが、誰か分からなかった。

③CIMに囚われているクラウス。クラウスは、CIMと交渉していた。その内容は、サラ・リリィ・ジビアを監視付きであるが、自由に行動できるようにするだった。

④サラ達は、CIMの『ヴァナジン』の副官、『刀鍛冶』のミーネに監視されていた。ミーネの監視の中、病院に向かう。病院で『灯』のメンバーに会っていた。目的は、グレーテだった。

⑤グレーテは、『白蜘蛛』を捕まえる方法をアドバイスする。それは、クラウスを殺しにくる『白蜘蛛』を倒すことだった。グレーテは、ある懸念を言う。それは、『白蜘蛛』の技能だった。『白蜘蛛』の技能、敵を寝返らせる力をグレーテは、恐れていた。そして、サラ達に言いたいことを伝えると、グレーテは眠る。

⑥グレーテの部屋を出たサラ達は、ミーネからアネットが脱走したことを告げられる。

⑦サラ達はアネットを見つけることができた。しかし、アネットがモニカを殺すことを考えていた。アネットには、言葉が通用しない為、リリィ達は何もすることができなかった。

⑧言葉が通用しないアネットを止めたのはサラだった。サラはアネットの事を否定せずに、許容した。サラに受けいられたことに安心したアネットは気を失う。

⑨サラは、自分が目指すスパイの形を宣言する。それは、『灯』の守護者になることだった。

⑩クラウスと『呪師』のネイサンは、最高機密の話し合いをする。

⑪アネットは、自身を解放したのは死んだはずの『鳳』のクノーだと言う。

アメリは、『翠蝶』のミレナを拷問する。ミレナは、『暁闇計画』という未知の情報と『蛇』は『白蜘蛛』が作り上げたと語る。

⑬『白蜘蛛』は、薬物で気が狂った小説家の代わりに小説を書くことになった。『白蜘蛛』は、自身の過去を小説にした。

①『白蜘蛛』は、ガルガド帝国で生活していた。そんな時に『藍蝗』と呼ばれるスパイと出会う。

②『藍蝗』は、『暁闇計画』を阻止する為に『蛇』で活動していた。『白蜘蛛』は、『蛇』のメンバーを集める為に世界で暗躍する。

③『蛇』は、世界で暗躍する『焔』を崩壊させる。しかし、『焔』の生き残りのクラウスが結成した『灯』によって『蛇』が崩壊していく。

④フェンド連邦で『鳳』を崩壊させて、モニカを利用して『灯』の戦力を削ぐ。

⑭リリィ達は、リリィが入れたお茶で状況の整理をする。

⑮リリィ達は、CIMの最高幹部達に会うが相手にされなかった。そして、武器を全て奪われる。

⑯部屋の戻ったリリィ達。武器を奪われたが、リリィは武器を奪われることを予想してCIMの幹部に会う前にお茶の中に毒を隠していた。

⑰リリィ達は、ミーネを路地裏に誘導する。ミーネが『鳳』が死んでいると断言していると発言したことで『蛇』だと疑っていた。

⑱ミーネは、リリィ達に攻撃しようとするが、リリィが事前にしかけた毒で動けなくなる。しかし、『ヴァナジン』のボス『甲冑師』メレディスがミーネを助けにくる。メレディスは、ジビアが一人で止めて、リリィ・サラはクラウスの下に向かう。

⑲ジビアは、メレディスに挑むが歯が立たなかった。メレディスは、ジビアが張っていた見栄を指摘する。そして、『鳳』のビックスが言っていたことを思い出す。

⑳突然、崩壊する天井に気を取られるメレディス。その隙にジビアは、液体をメレディスにかける。その液体を毒だと判断したメレディスは、解毒剤に手を伸ばす。ジビアは、メレディスの解毒剤を盗もうとするが、失敗する。メレディスは、解毒剤を飲む。

㉑ジビアは、解毒剤を盗むのに失敗したはずなのに勝ち誇った笑顔をしていた。理由は簡単だった。メレディスが飲んだのは、解毒剤ではなかった。ジビアが毒とすり替えていた。すり替えられていた毒を飲んでメレディスは、倒れる。

メレディスを人質にしてCIMの裏切り者の情報を得ようとする。裏切り者の情報を得ようとするが、メレディスの部下からクラウスが行方をくらましたと連絡がくる。

アメリは、クラウスを機関車に誘導していた。機関車には、『白蜘蛛』がいた。

㉔CIMを裏切っていたのは、アメリだった。『白蜘蛛』は、アメリを銃で撃った。そして、『白蜘蛛』は銃でクラウスを撃つ。しかし、クラウスは体裁きで銃を躱しまくる。そんなクラウスに一撃を与えたのは、死んだと思われていたアメリの一撃だった。

㉕動けなくなったクラウスを助けに来たのは、サラだった。

㉖サラがクラウスを助けにくる20分前、サラ・リリィはバイクに乗っていた。バイクをン運転しているリリィは、夜空にぼんやりと浮かんでいる目印にめがけてバイクから機関車に飛び乗る。機関車に侵入できたサラは、クラウスがいる部屋に向かう。

㉗サラと『白蜘蛛』が対峙する。『鳳』が生きていると言うサラに対して気だるい顔をする。『白蜘蛛』は、各地で起きていた事の正体を語る。

㉘アネットを助けたのは、鷹。ミーネの発言を嘘だと判断したのは、犬。ジビア対メレディスで天井が崩壊したのは、ネズミ。リリィがバイクから機関車に飛び乗れたのは、鳩。そして、『炯眼』の『鳳』のランだと語る。

㉙機関車の中でランと『黒蟷螂』が対峙していた。『黒蟷螂』に勝てないと判断したランは機関車から飛び降りる。

㉚サラは、『白蜘蛛』に今までのことを見抜かれて、モニカの死を告げられて、やけになって『白蜘蛛』に殴りかかる。しかし、『白蜘蛛』には、手も足もでなかった。しかし、サラの心は折れていなかった。

㉛そこにコードネーム『炯眼』が現れる。『炯眼』の正体は、ランではなかった。サラの鷹・バーナードだった。バーナードの一撃によって戦局が変わる。

㉜バーナードは、アネットが造った毒の兵器をリリィに渡していた。リリィは、その兵器を駆使して『白蜘蛛』を倒す。『白蜘蛛』は意識を失う前にクラウスに『虹螢』の単語を残す。

㉝『白蜘蛛』を倒した『灯』は、モニカの捜索に出る。モニカは、ゲルデの地下室で生きていた。そして、ゲルデの遺産を見つける。

㉞ゲルデの遺産には、第二次世界大戦が勃発する。そして、『暁闇計画』はその備えだと書かれていた。

㉟『黒蟷螂』は、『桜華』と呼ばれるスパイに会っていた。『桜華』は『神樹の墓守』の機関に所属している。そして、その機関は『暁闇計画』を実現させる為に『紅炉』が結成された機関と語る。『黒蟷螂』は『桜華』についていく。

㊱『藍蝗』と『  』は、『灯』と交渉しようする。

 

感想

サラがかっこよかったよ。

今まで出番が無くて、サポートに回っていたサラ。今回は活躍しまくりでしたよ。

 

暴走したアネットを止めたのは、サラでした。

言葉が通用しないアネット。そんなアネットを止める方法が許容することでした。

普段から言葉が通用しない動物達と関わってきたサラだからこそできた方法でしたよ。

 

それにしてもアネットの背景が謎だらけですよね。

アネットのあの狂気は、何なんですかね。今後が楽しみです。

 

そして、各地でサラの動物のサポート。

 

ジビアVSメレディス

ジビアの戦闘能力でメレディスには手も足も出ませんでした。圧倒的な戦闘能力を持つメレディスの隙を作ったのがサラのネズミでした。

 

ネズミが電線を噛みちきぎって天井の崩壊。天井の崩壊によってメレディスの隙ができました。

 

その隙を利用したジビアがかっこいいですよ。

戦闘中にすり替えた毒を飲ませる。マジでこのシーン凄かったですよ。

今までは、盗むことに特化していたジビア。しかし、今回はすり替えるということをしてくらましたよ。

 

そして、『炯眼』の正体に驚かされたましたよ。

『白蜘蛛』によって各地で起きていた不自然な出来事がサラの動物だと見破られたサラ。

そして、『炯眼』をサラだと考えた『白蜘蛛』。

これで『灯』に何も作戦がないと思わせる。

 

これ思わせるのが『灯』の作戦でした。

『炯眼』の正体を人だと思わせるのがこの作戦の大事な所でした。

 

『炯眼』が人だと思った『白蜘蛛』。だから、サラの動物の事を考えていませんでいした。

 

その油断を付いて活躍する『炯眼』・鷹のバーナードがかっこよかった。

『白蜘蛛』に一撃を与えてくれしたよ。

 

マジで『炯眼』の正体には驚かされたました。毎度毎度驚くべき仕掛けがあることが凄いですよ。

 

今回のリリィが凄かったですよ。リーダーとしての活躍が良かったですよ。

サラにリーダーとしてアドバイスをしたり、武器が盗まれることを見越してお茶の中に毒を隠したりなどを凄かったですよ。

 

リリィがこんなに活躍するなんて予想していませんでしたよ。

 

『暁闇計画』も気になりますよね。

弱者を駆逐させる『暁闇計画』

第二次世界大戦の勃発の備えとして存在する『暁闇計画』。

『紅炉』が『暁闇計画』を一人で背負い、成就させる道を選んだ。

『紅炉』が『暁闇計画』を実現させる為に結成された組織『神樹の墓守』。

 

サードシーズンで明らかになるんすよね。

どんな計画か気になりますよ。